豪快なシュートの得点

 数日前のナインゴランのスーパーボレー。そして今週土曜日のウディネーゼ戦前にインテル選手が決めた素晴らしいゴールをいくつか振り返る。

1/6

 ミラノ発 - 壮大なゴールは刺激と驚きを与える。 先週土曜日の夜にメアッツァへ訪れた73,000人のファンはそれを目撃した。ラジャ・ナインゴランがユヴェントス戦開始8分、ゴールから約30m離れた位置で右足ボレーシュートを放ち、ネットを揺らした。 インテルはウディネーゼ戦でこれまで見事なゴールを積み重ねてきており、今週土曜日の試合数日前となった今日、過去の素晴らしいゴール - 凄まじいボレーシュートとロングシュート - をいくつかを振り返る。 

 まず鮮明に思い出せるのは3-2でネラッズーリが勝利した2010年2月28日のウディネーゼ対インテル戦のファンタスティックなゴール。ビハインドに陥ったインテルはまずマイコンのアシストからマリオ・バロテッリの強烈なミドルシュートで同点に追いつくと、同ブラジル人は次に得点者となる。これも卓越した一撃だった:ミリート、パンデフとの連携から最後は前線に駆け上がったマイコンが豪快にジャンピングボレーシュートをゴール右上に突き刺した。

 続けて驚愕な2つのプレー紹介する。2011年1月23日のウディネーゼ戦、チアゴ・モッタのパスをボックス内で受け完璧なトラップから右足で決めたスタンコヴィッチのゴールは多くのネラッズーリファンにショックを与えないだろう。だが1996年3月24日の先制ゴールとなったあフォントランの一発はサプライズとなったはずだ。同年9月8日、1996-97シーズン開幕戦でも驚きのゴールが生まれた:同シーズン開幕戦勝利を模索していた当時ロイ・ホジソン監督率いるインテルはチリアコ・スフォルツァの左足ボレーシュートの得点でクラブ通算セリエA1,000勝目を達成。

 2015-16シーズンは180秒間に2度のロングシュートが決まるなど、敵地でのウディネーゼ戦で圧勝を収めた:相手のバックパスを奪ったイカルディの一撃、美しい軌道を描いたブロゾヴィッチの右足シュートで4-0の勝利。今週末は再びウディネーゼ戦が控えており、ネラッズーリは同試合の再現を狙っている。


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana 

tags:
読み込み中